DonoCronicle

DIE WAHRHEIT IST IRGENDWO DA DRAUẞEN

早生まれのジレンマ

今は昔。じゃなくて、今となってはもうどうでも良いようなことだけど、少し昔を思い出してみる。

同じ年に生まれても、年度が4月から始まっている関係で、1月から3月までのあいだに誕生日のある、いわゆる“早く”生まれた人は、ひとつうえの学年に所属する。それが早生まれ。しかし、ひとつうえに上がったその学年のなかでは、早生まれのみんなは、遅くに生まれた一団になってしまう。同じ学年のなかで、早生まれと呼ばれる人たちは、実際は遅くに生まれているのだ。それがあって、まだ児童とか生徒とか呼ばれていた可愛い頃のぼくは、どうも、早生まれという言葉と、その言葉が指し示している内容に齟齬を感じていた。早生まれだから年下、っていう言葉の使い方がいまいちしっくりこないのだ。他にもそう感じる人は結構いるんじゃないかと思う。

年度とか学年とかいうのは制度の問題なので、決め方次第でどうとでもなるものだ。別に、年度が4月から始まるからといって、その4月以降に同じ年齢になる人たちを同じ学年として取り扱う必要はどこにもない。

というわけで、個人的に感じていたこの「早生まれ」という言葉に対する違和感を解消する方法を考えてみた。とりあえず、年度のほうはいじらない。

その年の1月から始まって12月を最後とする、まさに同じ年に産まれた人たちを同学年にすれば良いのだ。小学校1年生になるのが7歳の年だとすると、1月から3月までに誕生日を迎えてすでに7歳になっている人たちと、4月以降12月までの間に誕生日があってこれから7歳になろうとしている人たちが、そろって4月に小学1年生になる仕組み。

これだと早生まれのみなさんは、まさに早生まれそのものである。先に歳を取っている。年度の終わりのほうで年が改まると、1年生だけどもう8歳になる。早生まれだからだ。同じ学年のなかで、早生まれだから、早生まれじゃない人よりも年上。これですっきり。

しかも、同じ学年の人はみな同じ年の生まれになるので、そこもすっきりする。いい大人になった今でもたまに会話に出てくる、「自分は○○年生まれだけど早生まれだから、学年は前の年の人と一緒です」みたいな不毛な説明がいらなくなる。○○年生まれならみな同じ学年だ。

この仕組みでも別に問題はないんじゃないかなあ。だいたい、昔は数えで歳を取っていたのだから、数え年が違う一団をむりやり統合するよりも、同じ数え年の人を一斉に同じ学年にするほうがやりやすくはなかったのかなあ、とすら思えてきた。如何だろうか。

まあ、ひとつ云えるのは、ジレンマではなかったな…

ペイ2

その後いろいろと騒動があったペイ。しかしまあ、その騒動とは関係なしに、非接触IC系電子マネーが使えるところでは、やっぱりそっちを使うなぁという感じ。QRコードでの決済は、スマートさに欠けていて、どうも退化している気がしてしょうがない。ただ、地域の地元商店などでは、QRコード系だけを導入しているところが増えてきているみたいなので、時代の流れに飲み込まれるようにして○○ペイに頼らざるを得ないかもしれない長いものに巻かれていく一反木綿の如き渡世の哀しさよ(意味なし)。

ペイ

なんか、一気に複数の「○○ペイ」を導入してしまって、僕の衰えたずんだ色の脳細胞では、何が何とリンクしてるのかだんだん判らなくなってくる。

そして、まだ「ペイ」は一度も使ったことがなく、モバイルSuicaかApplePayのiDでばかり決済しているのであった。あ、ApplePayも一応「ペイ」なのか…。従来の電子マネーが使えるところでは、他の「ペイ」を使う必要があまりないのだな。電子決済の乱立している日本だが、今後はどの方向に収斂していくんだろうか。

ゾロの手の内

今放映されているカップヌードルのCMで、ワンピースのメンバーが現代の高校生になってる異世界ものっぽいシリーズのゾロ編の話。

最初にこのCMを何気なく見たとき、素振りをしているときのゾロの竹刀の持ち方がすごく素人くさくて気になった。

三刀流だったり、物理的にあり得ない動作だったり、っていうのはもちろん別にいいのだ。そのへんは気にならない。というか、元々そういうものだし。そうではなくて、リアルさを演出しているシーンっぽいから、余計に気になってしまう。

理由は明らかで、左手が柄の真ん中ぐらいを持っているからだ。剣道をしている人なら、こんな握り方をしない。左手は、柄の末端のほう(柄頭)を握るというのが、基本中の基本。それ対して、剣道経験者じゃない人が持つと、左手が柄の真ん中あたりを持つということがよくあるのだ。だから、高校生のゾロの握り方が、すごく素人っぽく見える。

しかし、現代剣道においてはそれが基本かもしれないけれど、実際に真剣で人を切る想定の剣術では違うのかもしれない。ゾロはそっちの剣術に従って竹刀を振っているのだ、という可能性もあり得る。

と思って、ちょっと調べてみたけど、古流剣術の写真等のビジュアルで見る限り、やはり、おおよそ左手は柄頭のほうを握っているなあ。柄頭が左拳(小指)からはみ出るかどうか、は人によって違いがありそうだけど、完全に柄の真ん中付近で右拳からも離れた位置を握っているような手の内は見られない。

ただ、居合では、左手は右手にくつける、という教えがあるらしい。そのほうが、右手と左手がばらばらな動きをしないため、実際に斬るときに刃筋が安定する、とのこと。野球のバットを握るような持ち方だ。しかし、高校生ゾロの握り方は、これとも違うから、やっぱり不自然と云い切っても間違いじゃなさそうな気がする。

ああ、しかししかし、ここまで書いてから思ったけど、本編のワンピースのアニメでもこういう刀の持ち方をしてるのかな? そっちに合わせたのかな? アニメはほとんど見てないから判らないなあ。でも、たぶん、もし本編でそうだったとしても、そっちは気にならないんだろうな。なぜかリアルな世界に近づくほど、ちょっとした間違いが気になるのである。

この手のツッコミは、弓道の描写なんかでもよくある話のようで、まあ、あまり真剣に突っ込むのも野暮だから、ほどほどに。

 

 

 

 

雨、その後

世にいうゴールデンウィークは、まるまる10日間の休暇。後ろのほうは、空も綺麗に晴れ上がって暖かい日々だった。

そして、今日は晴天にわかに掻き曇り、夕方から土砂降り。うたかたの休暇はもう終わりということで、きっといろいろと流してくれる雨になった、ということだろう。

っていうか、もっと休みたいね。これは、革命並みの働き方改革を企てねばいかんなあ…

朝から雨。雨の日は、ほっとするような、落ち着く感じがある。雨の日にしか出せないしっとり感。家の中にまで聞こえてくる雨音が、何とも云えない。

平成最後の日は雨。神事にふさわしい、いろいろと洗い流してくれる雨になっただろう。

カモメとウミネコ

「カモメだ!」という発言に対する「ウミネコだよ」というツッコミ。これまで日本人の間で幾度となく繰り返され、ときには不和をもたらしてきたに違いない会話だ。

カモメには、二通りの意味がある。カモメ属カモメという種を表す種名(標準和名)としてのカモメと、大きくカモメの仲間(カモメ科くらいか)を総称するカモメだ。「カモメだ!」といった人は総称としてのカモメの意味で使ったのであり、「ウミネコだよ」と返した人は種名レベルでの話をしていて、会話がすれ違っている。ツッコミを入れた方は、「オレはカモメとウミネコの違いが判るぜ」とやや自慢混じりに発言したに違いないが、最初に言った人はほとんどの場合がカモメ類の総称で使っているはずなので、小さなストレスがそこに発生する。

カモメに限らず、この手の会話のすれ違いが日常的に頻発していて、多くの不幸に繋がっているのだ。くわばらくわばら。

ちなみに、「カモメだ!」と表記したのでは、どちらかというと種のほうのカモメとして発言されたと解釈される可能性が高い。動物の名前をカタカナで書くのは、理科的だからだ。なので、この場合は「鴎だ!」と書くのが適切かもしれない。振り仮名ないと読めないかもだけど。