DonoCronicle

DIE WAHRHEIT IST IRGENDWO DA DRAUẞEN

勤労感謝の日

もともとは新嘗祭の祭日だったらしい。五穀豊穣を祝い、収穫物に感謝するのが本来だ。勤労感謝の日には好きな人にお米を贈って想いを伝えよう!、みたいな商業イベントを生み出す気配が見えないのは、業界が何かに遠慮しているんだろうか?

久しぶりに昼間にテレビをつけてみたら、どこもかしこも横綱の暴行問題ばかり取り上げている印象。休みの日に時間をかけてまでそんなの見る気にならないよなあ。テレビ離れしてるんじゃなくて、テレビのほうが自分から離れていってる感じだ。

広告を非表示にする